暮らしにくいマンションリノベーションで失敗していませんか?

下の写真のようにコンクリート打ち放しの住まいを見てどう思いますか?なんとなく都会っぽいおしゃれな住まいに見えるでしょうか?

でもこの住まい、夏は暑くてエアコンも効かない、冬は寒くてどれだけ暖房しても寒く、結露で壁も窓もベタベタになって住み心地は非常に悪いです。

暮らしにくいリノベーションの代表的な事例で多いのがコンクリート打ちっ放しのままの壁。外壁面がちゃんと断熱されていないとひどい結露が発生する・・・(画像はフリー画像サイトで見つけたものです)

そんな住まいをつくってしまうのは住まい手が悪いのではなくて、作り手がだたしい知識と経験を持っていないからです。

実はマンションには住みにくい特徴がいくつかあります。そういった「マンションがもつ欠点」を解決することが、リノベーションをする目的なのですが、ネットの施工例や雑誌、その他の情報をみる限り、まだまだそういう理解はあまり広まっていないように感じています。

そのためこのウェブサイトではマンションの欠点についてはもちろん、プランニングで大事なこと、その他の基本的な知識や情報をできる限りたくさん公開しています。

解決の仕方にはいろいろな方法があると思いますが、少なくとも欠点だけはちゃんと理解して欲しい。そういう意味で、このウェブサイトに掲載している情報をより多くの方に参考にして欲しいと考えています。

以下、順番に最低限見て欲しい内容をまとめました。いわばこのウェブサイトの道先案内です。まずは一通り目を通してもらい、気になる部分についてはそれぞれのリンク先の説明を見てもらえればわかりやすいと思います。

もっと簡単に知りたい方にはガイドブックも用意しています。38ページあるのでそれなりにボリュームはありますが、具体的なビフォーアフター事例も掲載してあり、ウェブサイトに掲載していない内容もあります。もっと具体的にリノベーションを知りたい、という方におすすめです。

※ガイドブックご希望の方はこちらからどうぞ ⇒ 「リノベーションの基本がわかるガイドブック」

 

 
 

 

 

1.マンションの欠点とは何か?

クロスを貼り変えたり、キッチンやトイレなどの設備機器を新しく交換すれば安く、元の新築のようなマンションになります。でもマンションにはいくつか欠点があります。

一つの例としてわかりやすいのが「結露」です。実際に暮らしている方からお話を伺うと、サッシの結露がひどくて窓枠までベタベタになるそうです。また壁にも結露が生じてカビてしまうことも。基本的な断熱性能の不足と閉鎖的な間取りが原因です。

「マンションって暖かいから断熱性能も高いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、マンションの断熱性能は実はそれほど高くないのです。これ以外にもいくつか欠点がありますがそれらは全てリノベーションで解決することが可能です。

そのためどんな欠点があるのかをちゃんと把握しておくことが大切です。詳しくは下記のそれぞれのリンク先をご覧ください。

・窓も壁も結露してカビやすい!
・床の耐久性に難が・・・
・実は暮らしにくい間取り
・マンションって意外と寒いんです

 

 

 

2.欠点を解決するために必須の工事

マンションの欠点の中には、根本的な性能を高めないと解決しないものがあります。それは断熱性能と床の下地です。完成後には見えなくなるこの2つの部分はリノベーションをした後で行うことはできませんから、リノベーションをする上では一番重要だと考えています。

どちらも特殊な工事ではありませんがリノベーション後の住まいの質が格段に変わりますから、リノベーションでは必須の工事とお考えください。なお、やってはいけない工事については多くの方がまだまだ理解していない可能性がありますので、ぜひ見て欲しい内容です。

・乾式二重床工法が必要な理由
・結露しない暖かい住まい
・絶対にやってはいけない工事

 

 

 

 

 

3.一味違うプランニング

プランニングは部分的なアイデアだけで成り立っているのではないので、全体的なバランス、部屋と部屋との繋がり方などを踏まえて計画しないと暮らしやすい住まいにはなりません。ここでは設計をする上で特に基本となる考え方を下記に3つだけご案内します。

なお「個室を小さくして収納を無くす!?」の最後には実例プランが掲載されています。プランだけを漠然と見ていてもあまりそのプランの良さ、狙いというものは見えてきませんが、多くのリノベーションプランとは違った計画の仕方になっていると思います。

より詳しく知りたい方は全部で4つの事例が掲載されているガイドブックを見て頂ければと思います。

・個室を小さくして収納を無くす!? 
・開いた対面キッチンで計画する
・玄関まわりを広く使った事例集

 

 

 

 

 

4.マンションの寿命や予算などいろいろ知りたい方のリノベーション相談室

このサイトには「リノベーション相談室」というコーナーがあります。様々な質問、疑問にお答えするという形式になっていますが、その中でも特に気になると思われるマンションの寿命のこと、リノベーションの予算のことについてをピックアップしました。

これ以外にもリノベーション会社の選び方、解体したら不具合が見つかった場合はどうしたら?などいろいろな質問があります。興味のある内容があればチェックしてみてください。

・マンションリノベーションの費用はどれくらいなのでしょう?
・中古マンションの寿命が心配です

 

 

 

 

 

5.安心して中古マンションを購入したい方へ

リノベーションを前提で中古物件を選ぶとしても、その物件でどんなことができるのか?自分たちがイメージしているようなことが可能かどうか?不安だと思います。

正直なところ一般の方が中古物件をみて工事のことも含めた判断をするには無理があります。ポイントとして見るべきことはありますが、やはりリノベーションをする会社が同行して物件をチェックすることが必要だと思います。

・安心して中古マンションを購入したい方へ

 

 

<まとめ>

以上がこのウェブサイトを見る上で、最低限、見て知って欲しい知識です。もっと詳しく知りたいという方は先にお知らせしたガイドブックも参考にしてもらえたらと思います。

家づくりはその人のタイミングもありますし、決断したり相談したりするには時間も必要です。そのため私たちからはしつこい営業をすることはありません。

※リノベーション相談室内の「しつこい営業をされるのが嫌なんですが・・・」を参照ください。

資料請求をしたり、相談をしたり、勉強会や見学会に参加したり、といろいろなカタチで問い合わせをいただきますが、人によっても家づくりの進み方、進め方は違います。

まずはマンションリノベーションのことを知ってもらい、計画している予算の中でどんなことができるのか?が見えてきて初めて具体的にどんなことから始めていけばいいかが見えてきます。

このウェブサイトで少しでもマンションリノベーションの知識を知ってもらい、その魅力と可能性を感じて欲しいと思います。

そして私たちのリノベーションに興味をもっていただけたら、まずは話をすることから始められたら、と思います。

もし具体的に相談してみたいとなりましたら、下記フォームに必要事項を入力し、メッセージ欄に「相談希望」としてご連絡ください。おって設計仲田からメール返信をさせて頂きます。

お問い合わせフォーム

※ご入力いただいた個人情報は、お申し出いただいたご相談対応のためにのみ利用致します。