マンションが寒い理由を知っていますか?

マンションって冬は暖かいという話をよく聞きますが、実は寒いということ知っていますか?

「え?周りの知人はマンションだから暖かいってよく言ってるけど?」という方がいるかもしれませんね。たしかにマンションは木造住宅よりも気密性があるし、周りが住戸に囲まれているので、LDK空間はなかなか暖かいです(角部屋、最上階等はちょっと条件が違いますがそれでも暖かい)。

でも廊下はどうでしょうか?実際暮らしている方にちゃんと話を伺うと、リビングのドアを開けて廊下に一歩出るとかなり寒いとおっしゃいます。北側にある個室も同様にかなり寒い。こうなる理由は二つあります。

まず、中古マンションの玄関ドアはスチール製なので断熱性能はほぼナシに等しく、玄関から冷気が侵入し続けることが一つ目の原因です。

玄関の上にエアコンがあって、「冬場に」「常に」「冷房運転」をしているようなイメージをすれば、近い感覚だと思います。考えるだけでも寒い・・・。

玄関と直接つながっているため冬は寒い廊下。当然、廊下と繋がる脱衣室も寒い空間。

二つ目は間取り的な問題。多くのマンションは上の写真のように玄関と廊下が直接つながっています。

たいていの場合、この廊下に面して洗面脱衣室やトイレ、洋室が配置されており、さらに廊下とLDKはドアで分断されています。これでは暖房された暖かい空気が届くわけはなく、寒くなるのは当然といえば当然なのです・・・。

本来であれば高い断熱性能を持った玄関ドアに交換したいところですが、玄関ドアの交換は共有部に該当しますからマンションの場合まず交換できません(同じ理由で窓サッシ部分も交換できません)。

模様替えをするようなリフォーム程度では、残念ながらこの問題を解決することはまずできません。これを解決するためのポイントの一つは玄関部分を区画することです。下は実際のリノベーションの玄関部分の写真です。

玄関部分と廊下がつながっているままだと寒い

引き戸で玄関と廊下を区画すれば冷気の侵入をかなり防ぐことができる

玄関部分を区画するように引き戸を設けることで玄関からの冷気をかなり防ぐことができます。リノベーションした実際の住まいにお伺いをした際に玄関部の引き戸を開けたり閉めたりするとヒンヤリ感がずいぶん違うことが体感でわかりました。

ネットや雑誌に掲載されているリノベーションプランの事例を見ると、玄関部分で区画するという考え方はあまり一般的ではないようなので不思議なのですが、玄関を区画しているかどうかで、マンションの温熱環境に対して配慮をしているかどうかがある程度見えてきます。

単純に写真や図面を見ているだけでは暑さ寒さがどうなのかはなかなかわかりにくいです。そのため暮らし始めてから廊下が寒い、温度差がある、ということに気づくことになってしまうのです。そうならないためにもマンションリノベーションをするなら玄関部分は必ず区画して欲しいですね。

なお玄関部分の区画だけでも効果はありますが、断熱補強をしたり、家全体がつながるようなプラン的な工夫を合わせて行うことで、より効果が高まります。

実際、約70㎡のマンションを14畳くらいのエアコン1台で家の中全体を冷暖房することがだいたい可能なリノベーション事例もあります。

そんな快適な空間を計画するためのポイントと、施工事例が掲載された「マンションリノベーションの基本がわかるガイドブック」があります。

見た目も大事だけれど、快適な住環境にすることも大事にしたい方にならとても参考になるハズです。下記フォームに必要事項を入力してご請求ください。

暮らし始めてから不快な環境に気づいて後悔しないためにも、多くの方に快適なマンションリノベーションの大事なポイントを知って欲しいですし、実例からマンションリノベーションの魅力と可能性を是非知って欲しいです!

資料請求フォーム

※住所は郵便番号入力で途中まで自動入力されます。