マンションって意外と寒いんです

「マンションって冬は暖かい」という話をよく聞きます。マンションは木造住宅よりも気密性があるし、周りが住戸に囲まれているので、確かにあったかいんですね(角部屋、最上階等はちょっと条件が違いますが)。

たまにコンクリートに蓄熱するから、という方がいらっしゃいます。確かに蓄熱体としてコンクリートはたくさんの熱を蓄える性質はありますが、マンションが暖かい理由にはなりません(本筋とは話がずれますのでその理由を解説することは省略します)。

とくにLDKスペースは暖かく過ごせると思います。

でもトイレや入浴の際に、ドアを開けて廊下に一歩出ると床はかなり冷えているのではないでしょうか?当然、北側にある個室もLDKと比べればかなり寒い。

こうなる理由は二つあって、一つは中古マンションは基本的に玄関ドアがスチール製で断熱性能はほぼナシに等しいからです。

イメージ的には玄関面に冷たい氷の塊があって、ずっと冷気を送っている感じでしょうか。

もう一つは間取り的な問題。多くのマンションは上の写真のように玄関と廊下がつながっています。

なので玄関からの冷気の影響を強く受けて廊下部分はかなり冷え込みます。

加えて、洗面やトイレは廊下を介して配置されているため、寒い廊下を通るしかありません。

玄関ドアの断熱性能が低いことがそもそもの原因なので、本来であれば高い断熱性能を持った玄関ドアに交換したいところですが、玄関ドアの交換はマンションの場合まずできません。

玄関ドアの外側部分は専有部分ではなく「共有部分」になるため勝手に交換できないんですね。ちなみに同じ理由で窓サッシ部分も交換できません(ガラス面だけなら複層ガラスには交換はできるかも)。

これってマンションに限らず、一戸建てでも同じだったりしますね。基本性能が低い戸建て住宅の方が多いのが実情ですから・・・。

なのでリノベーションの場合、この玄関からの冷気を抑えるための工夫が重要です。同時にトイレや浴室利用の際にも寒くないような計画も求められます。

この点が配慮できているかどうかは、プランを見ればすぐにわかるはずです。

ポイントは玄関からの冷気がどこで遮断されているか?です。LDKからトイレ、洗面を利用する時に寒い空間を通ることがなければ大丈夫でしょう。

この辺は設計者のプランニングのうまさ、工夫が求められるところですね。暑さ寒さは目には見えにくいのでなかなかイメージしづらい部分です。

なのでここがおろそかだと、暮らし始めてから「寒い!」と気づくことにもなりかねません。

リノベーションプランが暑さ寒さへの配慮ができているかどうかは、快適な暮らしにつながることなのでしっかりと対策することが大事ですね。