実は暮らしにくい間取り

マンションの間取りってだいたいどこも同じです。

そもそもマンションは、コストをできるだけ抑えるため、建物の骨格と各部屋のボリュームを決め、販売しやすいように無難なプランにするのが基本的な方向性といえます(すみません、これは勝手な想像・・・)。

不特定多数の人に販売するには無難なプランの方がいいでしょうし、なるべく手間がかからないように計画することも求められるでしょう。

建設業として採算をとるためには致し方のないこととは思いますが、そうやって出来上がったプランは「生活することを深く掘り下げたプラン」にはどうしてもなりえません。

例えば、下の間取りはある中古マンションの3LDKプラン。だいたい70㎡くらいです。対面キッチンではないのが珍しいですね。

リビングダイニングスペースがかなり小さい印象です。キッチンが閉鎖的になっているし、収納量もかなり少ない。北面の窓は小さくて風通しも悪そうです。

どうしても「3LDK」という販売の仕方がしたかった間取りと言えます(苦笑・・・)。

もう一つ別の案件を見てみましょう。下のプランも3LDK。約75㎡くらいです。これは本当に代表的な中古マンションの間取りですね。

収納スペースを水色で囲ってみましたが、やはり少ない。仮に4人家族で暮らすとしたら、いくらモノを少なくしたとしても基本的な収納量が少なすぎますね。

中古マンションの収納量はかなり少ない

こちらのプランでちょっと変わっているのが、洗面脱衣室がキッチンからも出入りできるようになっている点、なんとなく動線を考慮した感じです。

ただ、出入り口があることでキッチンの背面スペースが少しだけしかありません。キッチンに必要な食器棚の場所、レンジ類を置く場所、収納庫スペース、ごみ箱置き場などを考えるととても使いにくい。

これおそらく、出入り口の前にもキッチンに関連するモノを置くことになって、出入り口は機能しなくなるんじゃなかろうか・・・。

また、玄関スペースも狭く、シューズクロークが少しだけある状態。戸建て住宅などでは玄関横に土間スペースを希望する方も多いのですが、マンションでは必要な靴の収納量を確保するのがやっと、というのがほとんど。

そして一番生活する時の居場所であるLDスペースには基本的に収納はないので、何かしら収納するための家具が必要となります。

ただ、家具をうまくコーディネートしてしかもある程度の収納量も確保するには、このままの間取りではかなり難しく、雑然とした雰囲気になってしまいそうです。

このほかの事例をみても、多少の違いはあれど、だいたい似たような構成を持っています。

もう少し面積が大きくなったり、3方が外部に面していたりすると間取りはずいぶんと変わってきますが、それでも基本的には収納が少ない、とかキッチン周りが使いにくい、というプランが多いです。

中には暮らしやすいマンションもあるかもしれませんが、新築マンションを宣伝しているホームページを見ても、本質的な問題はあまり変わっていない感じです。

誤解して欲しくないんですが、マンションの間取りの悪口を言いたいんじゃないのです。客観的に、暮らす時のことを具体的にイメージしてチェックすることが大事なんですね。

ここで挙げたような暮らしにくさがあることを知っておけば、リノベーションプランがそういった暮らしにくさを解決しているのかどうかもわかるんですね。

イメージ写真で「こんな雰囲気にしたい!」という場合があると思うんですが、その際、イメージを大事にしつつも、実際の暮らし方も配慮できているかどうか?

自分たちの日常の暮らしのことを長い目で見てよく考えておくことが、リノベーション後の住まいが、暮らしやすく快適になるかどうかを決めると思います。